見切り発車禁止

問題集を ID で管理するということは,PSS ユーザ全員の問題IDを(管理すべき部分は)きっちりと管理しなければいけないということ.管理すべき部分というのは標準添付問題集のことで,これらの問題群の ID が違ってしまうと今後のバージョンアップで問題集を修正するということが困難になる.
これは様々な問題をはらんでいる.たとえばすでにユーザが変更している標準添付問題をどう統合するか.PSS6 の問題管理は奇跡のような管理方法(問題集のパス+問題が問題集内で配置されている順番)なので,一歩間違えば大きな破綻を招く可能性がある.
これはユーザ毎に(いわば「面」で)異なることはもとより,開発版の配布を行った場合には「時間軸で」異なる場合も考えられる.開発版のバージョンの違いによって ID が変化してしまう可能性だ.つまり,開発版に対する上位互換性の保証に関する問題という話.
もちろん,「開発版だから」という理由で保証しないということもできるけど,出来る限り保証されたカタチで正式版を迎えたい.
そのため,標準添付問題集の問題IDが fix していない現状では,Alpha 版等を配布することはできない.
う〜ん,でもきっとするけど(笑)
というのは,たぶん Technology Preview みたいな感じで(どこがテクノロジだよ!)「とりあえずこんなんできたから期待してくださいな」的なリリースがあるかもしれない.モチベーションを保つための手段,ということですが.