ぷろぐらむが書きたい

書きたい書きたい書きたい書きたい,すごいプログラムが書きたい(2重の意味で).

という感じでカッとなってしまったんで「笑い男摸倣ツール Catcher in the Rye」を俺も作る!!いまから作る!!

笑い男摸倣ツール Catcher in the Rye
http://www1.bbiq.jp/kougaku/koukaku.html

ぷろぐらむを書いた

3時間半近くもかかってしまった.
さあ,作りましたよ.

笑い男模倣ツールを模倣するだけじゃ面白くないので,笑い男マークの拡縮と領域分割(いわゆるラベリング処理)も加えました.
ええ,PenTag の流用っすよ.但し,肌色領域が尋常じゃなく増えてしまうことがあるんで,PenTag の処理ルーチンを思いっきり高速化してあります(処理内容は一緒,冗長なループを削減しただけ).

時間がかかった理由は,MFC を使わずに SDK のみで作ったことにより,バックバッファとか透過処理とか調べながら作ったためです.
というか DirectDraw を使えない身体になってしまった(昔使ったことがあるってだけ.いまは Direct3D に統合されたんだっけ?)ので描画が妙に遅いです.

あと,キャプチャタイミングの同期をとっていないことがバレバレかもしれませんがご勘弁を.

本家「笑い男模倣ツール」さんから笑い男の画像を借用していますしようと思いました.が,著作権は全面的に Production I.G. さんにあると思うので気が引けます.
・・・色々考えた結果,同梱しないことにしました.

使い方

  1. 下記 URL から .lzh ファイルをダウンロードして解凍.
  2. 本家をダウンロード(http://www1.bbiq.jp/kougaku/download.html のあたりにありそう).
  3. 本家のアーカイブから images フォルダを 1. の解凍先にコピー.
  4. citr.exe を実行

intercepter ボタンを押すと笑い男マークがでます.

この部屋の照明条件で肌色識別部分を書いたのでちゃんと動かないかもしれません.

はー,疲れた.2時間くらいでささっと作るつもりだったんだけど...

サンプル動画(9/26 追記)

9/26 現在未公開の citr6 に追加された動画出力機能を使い,作成した動画を公開します.

笑い男マークが付いていても恥ずかしいなぁ(笑)

笑い男とは?

はてなのキーワードになってるのでそちら参照.

実は今週末に下記 DVD が発売されることを記念して作った,のかもしれません.

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man [DVD]

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man [DVD]

ところで本家の作者さんて

略歴:高専を卒業後,大学の3年次に編入。現在は大学院の修士2年。

…どっかで聞いたことのある略歴,ってこれ俺(と全く一緒)じゃん!

逆リンク捕捉(追記:9/23〜)